DeFi 暗号資産

【2022/03版】DeFiの運用実績

スポンサーリンク

どーも、キッズダンクです。

2022/03もDeFIの運用実績を公開します。

2021/3から実績を取っているので、DeFiをやって1年間たちました。

感想としては「リスクのわりにリターンが増えないな」です。

原因としては 暗号資産(仮想通貨) の価値が戻らないからですね。

大前提ですが、DeFi、投資は自己責任でお願いします。 

DeFiを知りたいって人はこちらの記事を読んでください。

DeFiの運用実績

以下の黄色いところが出した金額、借りた金額ですね。

ビビりなのでかなり少額でやってます。

  • 1.Venusというマネーマーケットで0.0117BTC(当時の金額で67,000円ほど)を預ける
  • 2.BTCの利息をもらう
  • 3.ステーブルコイン(ドルと同価値のコイン)の約60VAI、60BUSD(金額的には6,600円×2コインほど)を借りる
  • 4.XVSという暗号資産(仮想通貨)をもらう
  • 5.PancakeSwapという分散型取引所で3で借りたステーブルコインを預ける(流動性の供給)
  • 6.cakeという暗号資産(仮想通貨)がもらえる
  • 7.増えたcakeを預ける
  • 8.cakeがさらにもらえる(複利)

この中で4(XVS)がどれくらい増えたのかと、6、8のcakeがどれくらい増えたのかをグラフにしてみました。

それがこちら!!

XVSは相変わらず一定で増えてます。

cakeもけっこう伸びてきていましたが、伸び率が少し減りましたね。

まだ複利で増えていると実感できるレベルではないです。

暗号資産(仮想通貨)のコイン数だとどれだけ儲かっているかわからないので、金額に換算してみたグラフがこちら。

仮想通貨の数は増えていても、金額が減ってるんで1,000円ぐらいですね。

単純に1年やってみて利益1,000円、元手が13,200円なので7%ぐらいです。

預金や株式投資よりは高い利率ですが、リスク高いわりにそんなに増えてないイメージです。

PancakeSwaPからもらえる仮想通貨=cakeは2021/5は4,000円ぐらいでしたが、今では800円ぐらいです。

PancakeSwapが出してる仮想通貨の価値が低くなっているということはcakeがなくなる未来も普通にあります。

ただ、そのリスクを取ってでも最先端の技術のDeFiを携わっていきたいですね。

元手となる暗号資産(仮想通貨)はコインチェックで買うのがおススメです。

コインチェック

ここまで読んでくれたあなたに、ハッピーがありますように!!

スポンサーリンク

-DeFi, 暗号資産