投資 楽天

ふるさと納税やる必要あるの?是非やりましょう!!

スポンサーリンク

どーも、キッズダンクです。

友達と話していたときに、ふるさと納税の話になり、お得だからやるといいよと言ったら、やらなくてもいいんでしょ?と言い返されました。

なるほど、実質2,000円とは言え、お金を払うならやらなくてもいいという意見もわかります。

結論としては、やった分だけ得になるので、やりましょう!!

ふるさと納税とは

そもそもふるさと納税とはなんでしょう。

ふるさとチョイスさんの言葉を借りると以下になります。

ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度です。

手続きをすると、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられます。

あなた自身で寄付金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

ふるさとチョイス

簡単に言うと応援したい自治体などに寄付するとお礼の品をもらえ、しかも税金が安くなり、実質2,000円でお礼の品がもらえます。

上限までなら何回でも使える

ふるさと納税では税金控除の上限があります。

給与収入や家族構成によって、上限が変わってきます。

こちらのようなさとふるなどのシミュレーションなどでだいたいはわかります。(さとふる以外にもあります)

この上限までは何回ふるさと納税しても実質2,000円までは税金控除が受けれます。

例えば、年収600万年で共働きの夫婦だと76,000円ほど控除となります。

楽天のふるさと納税ならポイントもらえる

楽天だとふるさと納税の寄付額でもポイントもらえます。

しかも楽天マラソンなどと、併用可能です。

そうなると先程の例で76,000円分のふるさと納税をすると、ポイント10倍なら7,600ポイント、ポイント5倍でも3,800ポイントもらえます。

なんと実質払うお金よりポイントの方が多いのです。

しかもお礼ももらえるという得しかないです。

ふるさと納税のデメリット

デメリットとしては、確定申告が必要なことです。

ワンストップ特例が出てきて、だいぶ楽になりましたが、確定申告と聞くと大変、めんどくさいイメージが強いです。

ただ世の中の税金がどうやって、徴収されるか、確定申告によって金額が決まるので、節税する上で確定申告を経験するのは手です。

まとめ、ふるさと納税は問答無用でやるべき

  • 上限までは何回も使える
  • 楽天ならポイントつく

この二つを組み合わせるとかなりお得な制度です。

今後いろいろ改定があるかもしれないので、早めにやるのが吉です。

それでは、キッズダンクでしたー!!

スポンサーリンク

-投資, 楽天

© 2021 キッズダンクの日記 Powered by AFFINGER5