LINEペイのマイナポイントの隠されたメリット

ポイ活

どーも、kidsdunkです。(トップ画像は2020/11/25までのキャンペーンです)

マイナポイントが九月から実施されてますが、マイナンバーカードが届かないとか、いろいろありすぎて選べないとかありますよね。

そんな中LINEペイで隠されたメリットを発見したので、お伝えします。

結論から言うとなかなかなれない、プラチナランク(還元率3%)に容易になれます。

LINEペイとは

LINEがやっているキャッシュレスサービスで最大の特徴はポイントクラブにあります。

上記写真のようにレギュラーやプラチナのランクによって還元率+特典クーポンの数が変わります。

プラチナになると還元率3%と今のキャッシュレス業界の中ではトップレベルの還元率です。

さらに特典クーポンが10枚ついてきます。

特典クーポンはほとんどが、5%から10%オフのクーポンで、コンビニ、ドラッグストア、スーパー、百貨店、ネットサービス、グルメなど多種多様に使えます。

マイナポイント

LINEペイをマイナポイントに登録すると25%LINEポイントとして還元なります。

これはどのキャッシュレスサービスに登録しても同じで、追加でなにがあるかで差別化してます。

LINEペイの場合は特典クーポン2枚です。

キャンペーン画像では5000円分と追加で5000ポイントもらえそうですが、実際は5%から10%オフのクーポンで、最大値が2500円引きなので、最大5000円もらえそうな表記です。

これだとそこまでのお得感はないですが、隠れたメリットがあります。

それはクーポンではなく25%還元とポイントクラブの併用です。

隠れたメリット

ポイントクラブのランクアップには過去6ヶ月間で何ポイント入手したかで決まります。(プラチナのみクレジットカードの発行が必要)

例えば、ゴールドの人がプラチナになるためには還元率2%なので、250,000円を6ヶ月で使わないといけません。

ただマイナポイントと併用すると25%還元のため、20,000円使うだけでプラチナランクに上がります。(正確に言うとゴールドの還元率も加算されるので27%還元で18,500円ぐらいで達成)

ただポイントをもらえるだけでなく、ランクアップもできるので、おすすめです。

プラチナだと特典クーポン10枚なので、使いたい放題です。

まとめると以下になります。

  • 25%還元
  • ポイントクラブでプラチナランクになれる
  • 特典クーポン+2枚ゲット(プラチナランクだと12枚)

デメリット

隠れたメリットを説明しましたが、デメリットもあります。

  • プラチナランクになるにはクレジットカードの申込が必要
  • クレジットカードが2021/3まで還元率3%とプラチナランクにならなくても高還元
  • ポイントクラブが徐々に改悪
  • 特典クーポン使いきれない

一個づつ説明します。

・プラチナランクになるには、VISA LINEペイ クレジットカードの申込、発行が必要です。

こちらも還元率が3%(2021/3まで)で年一回使えば年会費無料なので、申し込んでも損はありませんが、若干手間です。

・VISA LINE ペイ クレジットカードの還元率が3%とプラチナランクと同じ還元率なので、わざわざならなくても現時点では問題ないです。

・ポイントクラブの特典クーポンが徐々に改悪されてます。

2020/10まで松屋などの牛丼チェーン店は100円引きでした。(480円の牛丼を食べたら380円で済む)

それが2020/11から8%引きとなりました。(480円の牛丼を食べたら440円ぐらいになります)

コンビニも前は100円引きでしたが、今は10%オフになってます。

・特典クーポンがプラチナランクになると10枚あるので、使いきれないときがあります。

一ヶ月の内に10枚あり、同じ店では使えないので、テレワークなどで出歩かない人とかは使い切れません。

LINEペイの還元率はお得

今年度はLINEペイの還元率3%はお得です。

プラチナランクになると、特典クーポンも還元率も高くなるので、デメリットもありますが、今のうちに恩恵をウケるが吉です。

それでは、kidsdunkでしたー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました