選挙で革命は起きない その2

雑談

どーも、kidsdunkです。

アメリカの大統領選挙は日本と違って時間かかってますが、今回は日本の選挙の話です。

以前、ブログで書きましたが、選挙で革命は起こりづらいです。

ついこないだ、大阪都構想の住民投票がありました。(正確には選挙ではないですが、わかりやすく一緒にします。)

そこでも都構想は否決になりました。

日本では選挙や住民投票では革命は起きません。

その理由を考察します。

年代別の選挙率

こちらは東京都選挙管理委員会の調査データです。以下から引用してます。

https://www.senkyo.metro.tokyo.lg.jp/uploads/r1san_nendai_gaiyou.pdf

このデータから、18-20歳はまだしも、20代、30代の選挙率は50%以下です。

逆に60代、70代は70%前後の選挙率です。

若い世代より年上の世代が圧倒的に選挙率が高いです。

おそらくですが、仕事しているかどうかが選挙率に関係してそうです。

年代別の変化への賛否

こちらは大阪都構想の賛否です。以下から引用してます。

https://withnews.jp/article/f0201107004qq000000000000000W0di10101qq000022056A?_gl=11mqv9e0_ga*ZFI4Ql9hbUprdHotZjRXZHotY3BCNlNMYnpKakx0b0RqU2hnRjBYUExUc1B6eTdaekJ6RnFjQlBuVWhZbTRjZQ..

こちらを見ると18-29歳は比較的反対派が多く、30-50代は賛成派が多く、60代からは反対派が多いです。

考察

上記のデータを見ると、面白いことに選挙率が高い年代が反対派が多く、選挙率が低い年代が賛成派が多いです。

おそらくですが、60代以上は革命などの変化を嫌うのでしょう。

このような状況では革命は起きないですね。

対策

若い世代は選挙にいきましょう。

そうしないと政治家も若い世代より年上の世代好みの政策推してきます。

若い世代好みの政策を推しても選挙率低いので、当選しづらい状況です。

政治に自分は関係ないと思わずに是非選挙に行って投票しましょう。

その投票が若い世代にいづれ影響が出てきます。

それでは、kidsdunkでしたー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました