保守的な人ほど読んで欲しい。チーズはどこへ消えた?読んでみた

書籍

どーも、kidsdunkです。

今年から楽天koboで50冊ほど、本を読んでいます。その中で保守的な人ほど、読んで欲しい本があります。

「チーズはどこへ消えた?」という、アメリカの心理学者が書いた児童書、ビジネス書です。

かなり有名なのですが、変化をしようという内容です。

ストーリー

第一部がチーズはどこへ消えた?を読んだことある人が読んだことない人に内容を話します。

第二部はチーズはどこへ消えた?の本編です。

第三部はチーズはどこへ消えた?を読んで感想などを第一部の人たちが話します。

本編はチーズを食べるネズミ二匹と小人二人が、既存のチーズを食べ尽くしてしまって無くなったので、次はどうするか考えます。

無くなったはずない、次の日にはチーズが増えてるはずとずっと待つ小人と、次のチーズを探そうとするネズミ、そんな対比が楽しめます。

客観的に見るとわかるが・・・

客観的に見ると次のチーズを探そうとするネズミが正しいと思います。

ただ主観的に自分のことにするとどうでしょう。

去年売れたから、今年も売れると同じ商品を売り続ける。

売上が落ちてるサービスをたまたま落ちてるだけだと、同じサービスを売り続ける。

そんな人はいないでしょうか。

本編を読むと変化する小人の心情がかなり書かれているので、是非気になる人は読んでみてください。

お値段と読みやすさ

お値段は920円程でお手頃です。

マンガ版などもあります。(1000円ほどになりますが)

児童書なので、1時間もあれば読めます。

子供と一緒に読むのもいいですね。

保守的な人ほど読んで欲しい

変化は怖いものです。

ただ今年も新型コロナで変わらざるえないこともあります。

そんな人こそ読んで欲しいです。

読んだら是非行動してみてください。

それでは、kidsdunkでしたー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました